「テンプラーナ早期介入療法」ソレンセン式アドバンスディプロマコース Temparana Reflex Therapy sorensensistem TM

デンマークのリフレクソロジー「ソレンセン式神経反射療法」の日本校

Temprana Img

ソレンセン式神経反射療法の最高峰「テンプラーナ早期介入療法」とは、障がいや重度の疾患を持つクライアントに対して、神経反射療法をあらゆる箇所(顔、手、足など)から多角的に且つ総合的に刺激をあたえることで、使われていない能力や開花していない能力を活性化していく総合反射療法です。

脳障がい、出産時の酸素欠乏による後遺症、腫瘍、癲癇、自閉症、難病、脳性まひ、機能性まひ、言語障害、先天性の疾患、染色体異常の疾患に伴う2次的弱まりへ、認知症、アルツハイマー、パーキンソン、多発性硬化症、進行性の難病、また多動症、学習と記憶の問題、発達障がい、学習障がい、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、ディスレキシア(読字障がい、読み書き障がい、失読症、難読症)、ディスカリキュリア(算数障がい/計算障がい)、緊張や落ち着きのなさ、精神面/感情面の問題、攻撃性/凶暴性、肉体的バランスの調和 などに働きかけます。

テンプラーナ早期介入療法は、上記の障害や病気のある方に対して家族がホームトレーニングを自宅で日々行うために学ぶことを推奨しています。

テンプラーナ早期介入療法の概念は、薬や痛みを伴わず、自然な形でクライアントの状態を効果的に本来の状態に近づけていくことです。

このコースでは、こういった深刻なお悩みを持つクライアントに対して専門性の高い療法を学び効果的なアプローチをしていくことに加え、クライアントのご家族に対して、日々継続して行うことで効果を発揮するホームトレーニングを指導することも含まれます。   この療法では、まず対象となるクライアントの感情面、生理学的/肉体的状態をくまなく確認した後、個々の施術プランをたてていきます。

この概念は、ロネ・ソレンセンによる35年以上の経験と症例に基づいています。 このソレンセン式の療法が現在世界25カ国で開講される中、その最高峰ともいえるテンプラーナ早期介入療法は、スペイン、デンマーク、スウェーデン、アメリカ、ポーランド、トルコ、ヨルダン、オマーンで行われており、絶望し諦め切っていた問題を持つの子供/おとなに生活の質の向上をサポートしています。 このコースでは、養育者に必要なロネ・ソレンセンにより体系立てられたホームトレーニング指導に必要な専門的な知識と技術も網羅しています。
1-temprana-Poland hubert


 

受講料: 1,625,000円(税別)

早期割引価格:1,462,500円(税別):
2020年度コース:2020年5月27日までにお申込み、6月3日までにお振込みの方対象となります。


時間数: 1モジュール:5日間(各8時間) × 5モジュール = 合計25日間(10:00-18:00 全200時間)


対象者: ソレンセン式認定フェイシャルリフレクソロジスト


場 所: FR Japan


持ち物: 大判バスタオル、フェイスタオル2枚、筆記用具、 (必要な方はクレンジングシート、メイク道具)


注意事項:爪を短く切り丸く磨いでご参加ください


モジュール
2020年
コース
講座内容
M1
1
7/27
(月)
● 脳障がいについて(子供・大人)
● 脳の解剖学
● 先天性脳損傷
● 後天性脳損傷
● 外傷性脳損傷
● 脳損傷による弊害
● 脳性麻痺
● 痙縮
● 癲癇の種類とそれぞれのアプローチ
● 高次脳機能障がい
● 知的障害、IQ
● 頭痛(偏頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛、眼精疲労による頭痛)
● めまい、難聴、耳鳴り
● 聴覚機能、嗅覚機能
● 咀嚼の問題
● 認知症、アルツハイマー
● パーキンソン、多発性硬化症、ALS、脊髄小脳変性症
● 予防接種やワクチンについて
● オメガオイル
● 東洋医学に基づくトリートメント論
● プレ-コンサルテーションの工程
● リハビリテーション・トリートメントテクニック(顔・手)
● ハンドリフレクソロジー
● プロセラピストが行うトリートメント・プラン
● 家族が行うホームトリートメント・プラン
2
7/28
(火)
3
8/24
(月)
4
8/25
(火)
5
9/28
(月)
M2
6
9/29
(火)
● 様々な症候群について (子供・大人)
● 遺伝性とは
● 遺伝性症候群
● 非遺伝性症候群
● 染色体疾患
○ ダウン症
○ ヤコブ病
○ アンジェルマン症候群
● 症候群
○ ターナー症候群
○ クッシング症候群
○ ギランバレー症候群
○ シェーングレン症候群
○ むずむず脚症候群など
● 自己免疫疾患
○ 膠原病
○ リウマチ
○ 重症筋無力症
● 自閉症について
● 自閉症タイプ別プランニング
● 脳科学
● アミノ酸について
● 東洋医学に基づくトリートメント論
● 施術室でのリハビリトリートメントテクニック
● リハビリテーション・トリートメントテクニック(ニューロフットリフレクソロジー・アドバンス&ニューロハンド)
○ 詳細な脳領域
○ 内耳
○ 脊髄神経
● プロセラピストが行うトリートメント・プラン
● 家族が行うホームトリートメント・プラン
7
9/30
(水)
8
10/28
(水)
9
10/29
(木)
10
 10/30
(金)
M3
11
11/17
(火)
● 精神疾患について(子供・大人)
● 様々な精神疾患とメンタルヘルス
○ 統合失調症
○ 強迫性障害
○ 境界性パーソナリティ障害
○ パニック症
○ 不安症
○ 睡眠障害
○ 摂食障害
○ 自傷行為
○ 自殺
○ うつ
○ チック症
○ 吃音
● 虐待と育児放棄のサイン
● 子供の失読症及び失行について
● 東洋医学に基づくトリートメント論
● 胎児の五行説と生後の五行説
分娩時のトラブルからくる胎児への影響
○ 逆子、長時間の分娩、スピード出産
○ 鉗子分娩、未熟児、帝王切開
● 足の神経叢
● 施術室でのリハビリトリートメントテクニック
● リハビリテーション・トリートメントテクニック(顔・足・手)
● プロセラピストが行うトリートメント・プラン
● 家族が行うホームトリートメント・プラン
12
11/18
(水)
13
11/19
(木)
14
12/17
(木)
15
 12/18
(金)
M4
16
2021年
1月~4 月予定
● 学習障害について
● 行動障がいの見られる児童について
● 発達障害について
○ ディスレクシア(読字障害)
○ ディスグラフィア(書字表出障害)
○ ディスカリキュリア(算数障害)
○ 多動
○ ADHD
○ 集中力の問題
○ 記憶の問題
○ 論理的な思考力の問題
○ 抽象的な考えが苦手
○ 感覚統合障害 など
● 骨相学
● 東洋医学に基づくトリートメント論
● チェックテストからの状態の読み取り
○ ツリーテスト
○ ドローイング
● ライティングセラピー
● ブレイン・エクササイズ
● ブロードマン・セラピー
● マッスルリフレクソロジー:発達障害や学習障害のための筋肉へのアプローチ
● 病院内でのリハビリトリートメントテクニック(顔・足・手)
● プロセラピストが行うトリートメント・プラン
● 家族が行うホームトリートメント個別指導
● 家族が行うホームトリートメントグループコース
17
18
19
20
M5
21
2021年
1月~4 月予定
● 東洋医学に基づくトリートメント論
● テンプラーナ・ファミリーコースの指導の流れ
● ホームトレーニングの施術アドバイス
● 学習障害、行動障害、精神疾患などのケースについて
● ディスレクシア・タイプ別施術プラン
● スクールプロブレム
● 大脳皮質機能チェックシート
● 反射療法の身体的効果と精神的効果
● 感情について
● 食餌について
● フォローアップ・アジャストメント
● 施術室でのリハビリトリートメントテクニック
● リハビリテーション工程
● プロセラピストが行うトリートメント・プラン
● 家族が行うホームトリートメント・プラン
● 脳幹へのアプローチ「橋セラピー」
● 筋ジストロフィーへのアプローチ
● テンプラーナのケースヒストリー例
● 世界のテンプラーナの症例
● 全体のまとめ
● 質疑応答
22
23
24
25

※ 受講料には実習費、教材費、テキスト代、通訳料、課題試験ケース添削料、ソレンセン式認定証発行費が含 まれます。

全モジュール受講後3か月後までに最終試験レポート提出があります。

※ 全クラスを終了、課題試験ケースを提出し合格後に、デンマーク・ソレンセン式認定テンプラーナ早期介入療法士として認定証が授与されます

※ 授業内容は講座の進み具合により多少前後する可能性があります。

※ ソレンセン式テンプラーナ早期介入療法のホームトレーンニングは、2015年11月よりデンマーク政府によって効果のあるホームとレーニングであると認められ、デンマーク国内では0歳から18歳までの障がいのある、または特別支援を必要としている児童は全額国の保障で受けられる信頼度の高い療法となっています。

※このコースを受講された方でご希望の方は、ソレンセン式「テンプラーナ早期介入療法」発症の地であるデンマークやオマーンでの現場研修に参加できます。(別途料金がかかります。)

※専門的な内容をより総合的に学びたい方はセットコースをご参照ください。

omousikomi_navi

日本ソレンセン式テンプラーナ早期介入療法協会のHPはこちらからどうぞ